占い

何占いが一番当たるの?

占いは色々あるけど

どれが一番当たるの?

何を受けたらいいの?

そんな疑問にお答えしたいと思います。

 

占いの種類

占いは大きく3種類に分けられます。

・卜占(ぼくせん)
・相占(そうせん)
・命占(めいせん)

それぞれ得意・不得意などの特徴があります。

 

卜占(ぼくせん)

偶然性から現在の問題の本質とその解決策を導きだします。

易経、おみくじ、サイコロ占い、タロット、花占い、コイン占いなど

現時点での相手の気持ちや近い将来のことなど、何かを決定するときに多く使われる占いです。
あまり変化の起きることのない、生まれ持った才能などを占うことには適していません。

 

相占(そうせん)

姿や形など目に見える事象や環境などから、対象になる人の現在の影響や近未来を占います。

手相、人相占い、ホクロ占い、家相、姓名判断、印鑑占い、お墓占いなど

今現在の健康状態や心の状態など、変えることで良い運気へ導いていく方法として使われます。
現在の状況を占うのに適しています。

 

命占(めいせん)

一生変わることのない生年月日から、才能、性格、人生の流れ、運気、相性などを導き出します。

四柱推命、九星気学、算命学、動物占い、西洋占星術、数秘術、マヤ暦など

生まれ持った性格や才能、恋愛傾向や適職、運勢傾向など自分自身について知ることに適しています。
人の気持ちを読むことはできません。

 

まとめ

占いには種類があり、得意・不得意があります。

目的と違うものを受けてしまうと、「思ったのと違う…」となりかねません。

「何を知りたいか」によって使い分けると良いですね。