マインド

占いを受けたけどピンとこない、当てはまらないと思う2つの原因

占いを受けたけど、結果にいまいちピンとこない…。
自分には当てはまらない気がする…。

 

そう思ったことはありますか?

 

私はありました!笑
せっかく受けても疑問が残りますよね。

 

しかし!それには原因があります。

そんな疑問を四柱推命の観点から見ていきたいと思います。

 

ピンとこない2つの原因

占いの結果がピンとこなかったり、自分には当てはまらないと感じる原因は2つあります。

①持っている星をうまく使えていない

②そのキーワードを受け取りたくない

です。

 

①持っている星をうまく使えていない

 

この状態は陰転(いんてん)といいます。

文字通り「陰(マイナス)」に転じている状態です。

陰転は星の要素が過剰に出ている場合と、不足している場合が考えられます。

なぜ、そうなったかと言うと。

例えば、偏財(へんざい)という星を持っていた場合。

偏財は人脈の星とも呼ばれ、コミュニケーションが得意です。

 

「得意」と言われても、あまり得意じゃないような気がする…。
(他の星の場合も当てはめて考えてみてくださいね)

 

偏財を持っている人はコミュニケーションが上手な故、場の空気を読んだり人に気を遣いすぎることがあります。そうなると「人って疲れる…」と感じますよね。これは過剰な状態です。

で、「人って疲れる…」ので、コミュニケーションを取らなくなると不足の状態になります。

気を遣いすぎる状態と人付き合いを避ける状態。

どちらも「コミュニケーションが苦手」と感じる原因です。

「ほどほど」が一番良い状態なんですね。

 

偏財を持っている人の対策としては、全員に好かれようとしないこと。
お人好しで愛情深いところがあり、ついつい気を回しがちですが、全員から好かれることはありませんからね。

自分が心地よいと感じる人とだけ、たくさんコミュニケーションを取ると良いです。

 

占いの結果にピンとこないと感じることがあれば、過剰に出ているか不足していないか考えてみてください。

他にも、星と星の組み合わせで活かしにくいこともありますが、命式を見た上でお聞きしないと分からないので、ここでは省きます。

では次。

 

 

②そのキーワードを受け取りたくない

 

私はこれでした!

自分の中で引っかかるキーワードがあると、受け取りたくないのでピンとこないと感じます。

 

私の場合ですが、持っている星のキーワードに「誰に対しても親切な対応」「サポート」があります。

でも、初めて聞いたときは「全く当てはまらない!!」と思いました。

当時はまだ会社員で、社内で求められていた役割が周囲への「指導」や「指摘」だったんですね。
嫌なことや、厳しいことを言う「嫌われ役」も求められていました。

役割なので割り切っていましたが、本来、私が持っている資質とはかけ離れていたんです。

そのため、キーワードを聞いても社内にいる自分を想像し「全く親切じゃないし、当てはまらない」と強く思っていました。

キーワードの受け取り拒否です。

でも今は、四柱推命をベースに「本来の魅力を引き出すサポート」をしていて、
とてもしっくりきています。

キーワードを受け取っただけですが、何がキッカケになるか分からないものですね。

ピンとこないキーワードがあった場合、受け取り拒否をしていないか感じてみてください。そして、なぜそのキーワードを受け取りたくないのか考えてみてください。
そこには本来の魅力や才能が隠れている場合があります。

まとめ

占いの結果にピンと来なかった場合、

持っている要素が過剰や不足になっていないか、キーワードの受け取り拒否をしていないかを考えてみてください。

 

「私には当てはまらない」と切り捨てるのではなく、「もしかして才能?」と思うことで全く違う未来が拓けてくるかもしれませんよ!