ライフスタイル

“好き”と”詳しい”は結びつけなくても良いという話

〇〇が好き!って言うのって、ハードルが高いと思ってた。

好きと言うからには詳しくないと!
好きだけど、〇〇さんほどは好きじゃないし
なんて思ったりして、好きなことを堂々と言いづらかった。

でも、食べ物の”好き”ってもっと軽いよね、と気付いた。

私は果物が大好きだけど、品種に詳しいわけじゃないし、作りたいわけでもない。

食べるのが好きなだけ。

食べ物だと”好き”が堂々と言える。(嫌いもね)

“好き”はその深さを人と比べるものじゃない。
“好き”は”詳しい”とセットでもない。
“好き”は必ずしも極める必要もない。

“好き“は自分の心が動いたモノやコトだから。

好きできる
好き得意
好き詳しい

それで良いはずなんだよね。

私は海外や海外の情報が好き。
全然詳しくないし、たくさん行ったことがある訳でもない。
だけど好き。

知らないことに触れるのが好き。
驚きや興味で心が動かされるから。

スペイン語が好き。
話せなくても理解できなくても、ただ聞くのが好き。

あれこれ理由をくっつける必要なんてなくて、
“好き“はただ純粋な気持ちなんだ。

“好き“をたくさん感じられるのって、ただただ幸せじゃない?

そんな生活を想像するだけでも幸せを感じられる。