四柱推命

四柱推命基本の「き」

今回は四柱推命の解説記事です。

解説は得意ではありませんが、せっかく読んで下さる方に少しでもイメージが伝わるよう、
今回は解説してきたいと思います!

まず最初に、四柱推命は陰陽五行説がベースになっています。

陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)とは四柱推命は太古の中国で生まれた、 「陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)」を応用し、 日本で伝承されてきた占いです。 今回は四柱推命...

四柱推命とはザックリ簡単に

四柱推命は陰陽五行説を基に、生年月日時を干支暦(かんしれき)に当てはめ、その人の生まれ持った性質などを読み解いていくものです。

干支暦とは

十干と十二支を組み合わせた六十干支で表記された暦。各年・月・日・時それぞれに干支が当てはまられている。干支暦では、一年の始まりは二月の立春からとなる。また時間は二時間で一刻と考えるため、二時間ごとに干支が変わっていく。

コトバンクより

干支暦の組み合わせから、年・月・日・時の4つの柱で四柱推命。
※鳥海流では生まれた時間は見ませんので、3柱で読みます。

命式(めいしき)を出してみる

ご自身の命式(めいしき)も出してみましょう。
※四柱推命では漢字がたくさん書いてあるものを
命式(めいしき)と言います。

こちらをクリック
(フォーチュンジュエル様のサイトに飛びます)
※スクリーンショットなどで撮られておくと見比べやすくなります。

 

このように出せましたか?

 

ピンクの枠を見ていきます。

左側の漢字が十干(じっかん)、右側が十二支(じゅうにし)です。

−水と−木は、十干と十二支がどこのグループかを表しています。

十干(じっかん)とは

五行説の思想から、森羅万象、世の中全てのものは
5つの要素(木・火・土・金・水)から成り立つとされます。

それぞれ陰陽があるので10種類。

それで十干となります。

十干のキーワード

この十干のキーワードが生まれ持った性質です。

グループ 陰陽 十干 イメージ キーワード
木のグループ 甲(きのえ) 樹木 向上心がある
乙(きのと) 草花・ツタ 柔軟に対応できる
火のグループ 丙(ひのえ) 太陽 中心的役割
丁(ひのと) 月・灯火 洞察力が鋭い
土のグループ 戊(つちのえ) 物事に動じない
己(つちのと) 多芸多才
金のグループ 庚(かのえ) 鉄・刀 理性的に行動する
辛(かのえ) 宝石 繊細な感性を持つ
水のグループ 壬(みずのえ) 海・大河 影響力がある
癸(みずのと) 雨・霧 優しい

契約書などでは、甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)はよく使われていますね。

キーワードはほんの一例です。

十二支と季節

十二支はおなじみですね。

子・丑・寅・卯…の十二支です。

十二支は季節の性質を持っています。

+水 −土 +木 −木 +土 −火
+火 −土 +金 −金 +土 −水

十二支にはそれぞれ人生のテーマがあります。

・・・勉強
・・・恋愛
・・・運動・営業
・・・お金

十干と十二支の組み合わせ

十干の甲・乙・丙・丁…と十二支の子・丑・寅・卯…を順番に組み合わせていくと全部で60組みできます。
これが一巡して最初に戻ることを「還暦」と言います。

天中殺(てんちゅうさつ)

天中殺は十干と十二支を順番に組み合わせていくと、十二支が余ってしまうところです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

順番に組み合わせると表の中はまでになり、戌・亥が余ります。

日柱(サンプルのピンクで囲った部分)10組目までの方は戌・亥年が天中殺になります。

但し、鳥海流では天中殺を3年で見ているので、日柱の十干の+−の属性によって変わります。
+の場合は前年に、−の場合は後ろに1年足して3年とします。

サンプルの解説

サンプルではピンクの枠内の十干(左)が癸(みずのと)。
十二支(右)は卯(う)で季節は春です。

春の日差しのように暖かく優しい人、と読めそうですね。
また、人生のテーマは恋愛。
天中殺は辰・巳・午の年となります。

最後に

いかがでしたか?
少しはイメージできたでしょうか?

四柱推命は漢字がたくさん出てきますが、怖いものではありません。
怖いイメージの漢字は出てきますが、怖くありません。
天中殺も同じです。

自分の本質や長所、才能を認識できたりと、とっても楽しく使えるものです。

少しでも「楽しそう!」と思って頂けたら嬉しいです。

 

強みや才能を表す通変星(つうへんせい)の解説今回は通変星(つうへんせい)の解説記事です。 通変星(つうへんせい)とは 通変星は強みや才能、性格や第一印象となる部分を表しています...