ライフスタイル

”理想のライフスタイル”を見つけるには自分を掘り起こす作業が必要

これまでの人生で”理想のライフスタイル”なんて考えたこともなかった。

社会人になってからというもの、朝起きて会社へ行き、9時から18時までの8時間勤務。
その後残業して家に帰る。たまに会社の人とグチ飲み会に付き合ったり。
また翌日も同じことの繰り返しで、楽しみは休日!

それが普通だと思っていたのに、あるとき起業を意識したことで、世の中には”理想のライフスタイル”という考え方があると初めて知りました。

起業とライフスタイルの関係性を知る

会社員でいることに限界を迎え、起業を意識したとき、最初に読んだ本だったか、ブログだったかで、「あなたの理想の1日は?理想の1週間は?理想の1ヶ月は?理想のライフスタイルを書き出してみよう」というものがあった。

それを見て、一つも書けなかったわたし…。

ずーっと会社員だったから毎日ほぼ同じスケジュールだったし。

無理やりひねり出してようやく書けたのは、”好きな時間に起きたい”だけ。
あとは”満員電車に乗らない生活”。

そもそも、なんで起業とライフスタイルが関係あるの?と思ってしまった。

だって、起業をしたいと思った目的って、もっとストレスなく自分らしい生活をしたかったのと、自分の名前でお金を稼ぎたいと思ったから。

別にライフスタイルは関係ないし。

と思ったのだけど、わたしの中から出てきた、”ストレスのない自分らしい生活”とは?
これを考えていくと、理想のライフスタイルにつながっていた。

起業を意識する人は多かれ少なかれ、わたしと同じような目的があると思う。

自分の中にあるニーズをよく知るためにも、”理想のライフスタイル”を考える必要があった。

わかったからと言って、すぐに書き出せるわけではないのだけど…。

自分のニーズが書き出せない…

起業に”理想のライフスタイル”が必要なのはわかったけど、一向に書き出せない…。

それで気がついたのは、わたしにはサンプルがないということ。

自分が会社員だから会社員のライフスタイルしか知らない。

果たして好きなことで起業し、理想のライフスタイルを送っている人が、本当にこの世にいるのだろうか?この目で確かめなければ!と思い、とある起業家さんのイベントに会いに行くことにしました。

そのイベントには、好きなことで起業をしたキラキラ輝く人がいて、わたしもそうなりたい!と、あっという間に影響を受けました。

その後も色々な起業家さんを見ているうちに、なんとなく自分の理想がわかったような気がして、再び書き出しにチャレンジ。

一応、書き出すことはできたけど、どうもしっくり来ない…

・朝起きて、その日に行きたいおしゃれなカフェで仕事をする
・ホテルラウンジが当たり前になる

などなど。

書いているときは「そうそう!これなの!」とテンションが上がったけど、冷静になれば、これは本当にわたしのニーズ(求めていること)だろうか?

憧れの人たちをコピーしているような気がしていたし、実際そうだった。

わたしは外で仕事をするよりも、家の方が集中できてはかどるから。

それなら、わたしの求めているライフスタイルってなんだろう。

ライフスタイルとは?

そんなわたしが自分のニーズに気づいたのは、ライフスタイルの意味を知ったから。

そもそのライフスタイルの意味を調べてみると、

ライフスタイル【lifestyle】生活の様式営み方。また、人生観価値観習慣などを含めた個人生き方デジタル大辞泉より

とあった。

なるほどー!!

ライフスタイルと言うと、何時に起きて何時に寝る、といった生活習慣だけのものかと思っていたけど、もっと奥深かった。

人生観・価値観・習慣など、細かく考えていけばそれぞれに理想がある。

ようやく”理想のライフスタイル”が見えてきた。

そしてこれはヴィジョンにつながるところでもあるのだけど。

”ヴィジョン”は一人一人が大切にしている宝物のようなものとあるコミュニティーに入った事ががきっかけで、自分の”ヴィジョン”について真剣に考えるようになりました。 そのコミュニティーという...

ヴィジョンを叶えるためにやりたいこと、知る必要があることなど、周りにくっついてくる一つ一つのものが、”理想のライフスタイル”だ。

そしてこれは変わっても良いもので、常に変わっていくもの。

ヴィジョンが変わればライフスタイルも変わるはず。

結局は根幹である”ヴィジョン”が見つからなければ、理想のライフスタイルも書き出せないといこと。

これがわたしの結論!

”理想のライフスタイル”が書き出せない人は、”ヴィジョン”から掘り起こしてみると良いと思います^^