お客様のお声

「わたしに合う仕事はありますか?」というご質問について答えてみました。

「わたしに合う仕事って何ですか?」
「わたしに合う仕事はありますか?」

というご質問を受けることがあります。

合う・合わないは主観によるので、どう捉えるか難しいところですね。

四柱推命では向いているお仕事はキーワードでお伝えしています。

このご質問の意味はそういうことではなく、
限定した職業名として知りたいのだと思いますが、そのようにはお伝えしていません。

ただ、もう一度よく考えてもらいたいのは
「本当にピンポイントの職業名で知りたいですか?」
ということです。

ピンポイントの職業を言われない方が良い理由

もし、合うと言われた職業がやりたいと思えない場合、どうしますか?

わたしの場合で例えると会社員です。

とにかく合わなくて、ずっと苦しい思いをしていました。

それがもしも、

「あなたは会社員が一番合います。日々同じルーティンワークをこなす事務職。
特に中間管理職なんてピッタリです。総務か人事ですね。他には何もありません。」

なんて言われたら、
「え、聞かなきゃ良かった…。合わなくて苦しんでるのに!もっと努力が必要なの?!」
と思ってしまいそうです。

そしてもっと納得できる結果を言ってくれる人を探すはず。

もちろん、会社員や事務職が悪いわけではなくて、
自分がやりたいか、やりたくないか、
自分にとって合っているか、合っていないか、の話しです。

もしくは、
「あなたに合う仕事は個人競技のスポーツ選手です。水泳選手ですね。」

と言われたら、今からなろうと努力しますか?
(なりたい人は別ですよ)

そうではなくて、
「スポーツ選手のように目標が持てて結果が出る仕事、結果が見える仕事が合っています。1人で進められるような仕事や、フリーランスになるのも良いですよ!」

と言われた方が可能性が広がる気がしませんか?

好きや得意を「天職」にするためには

自分が得意なことや好きなことと、
向いている仕事のキーワードが合ってくると、
職業として見え「天職」になり得ます。

四柱推命は自分の可能性を広げるもの。

やりたいことや、叶えたいことの為に、持っている星(資質)をどう使ったら良いかをお伝えします。

自分に合う仕事を知るために、まずは好きなことや得意なことを考えてみましょう♪

そこからあなたの可能性が広がっていきますよ^^