ライフスタイル

夢や理想がなかった会社員が最高に自由に生きるには

わたしは以前、夢や理想を描くことができませんでした。

会社員を長くしていると、”会社が世界の全て”になり、夢や理想なんて思いつかなくて。

どんなに出世している人でも年収は想像できる範囲。

暮らしぶりも想像できる範囲。

そんな中で夢や理想と言われても

身近にロールモデルになるような人はいないし、一番出世している人が自分の理想かと聞かれたら、クエスチョンマーク。

遅くまで残業して、休日出勤して、付き合い飲み会に行って、上司から怒られ、部下からは煙たがられ、取引先からはクレームを入れられ…

それで手にできるのは、社内のみで通用する肩書きと天井が見えている収入だけ。

これが理想と言えるのだろうか。

だけどこれが会社員のリアル。

「わたしの人生そんなもの?ほどほどで終わるの?」

正直、夢や理想なんて描いても虚しいだけだと思っていました。

だけど、”会社”という枠から一歩外の世界に出てみると、そこには

・収入は自分の欲しい額稼ぐ

・好きな人とだけ働く

・好きなことしかしない

・好きなときに旅行に行く

・デュアルライフ(二拠点生活)している

おとぎ話かと思うような、まさかの知らない世界が

こういう世界が現実にあると知ったことでわたしが持っていた「人生こんなものだろう」という枠は見事にぶっ壊れました。

そういう考え方あるんだ!そういう働き方あるんだ!そういう生き方してもいいんだ!

どれもこれも、これまで想像できなかったものばかり。

知ってしまえば取り入れたいものばかり。

どうしたらそうなれるのかわからない。

だけど、そうなってみたい!!

何を始めたわけでもなく、”知るだけ”でわたしの選択肢は格段に広がりました。

理想や夢がうまく思い描けないときは、まだ知らないだけです。

理想になるかもしれない姿を体現している人が、近くにいないだけなんです。

”ケーキ屋さん”を知らなければ、ケーキ屋さんになりたいと思わないのと同じことなんですよね。

そのためには理想の生き方をしている人を知ること、サンプルをたくさん集めるのが一番。

自分の中の”普通”や”当たり前”からかけ離れている人が良いですね。

たくさんサンプルを集めた上でいまの生き方を選ぶのであれば、それは【理想を体現できている】ってことです。

知って選ぶのと知らないで選ぶのとではまったく違う。

知っていて選ぶのは選択肢。

知らないで選ぶのは、選ばされているだけ、です。

たった一度きりの人生。

自ら選ぶ人生と、選ばされている人生。どちらが好みですか?

どうせなら選択肢を増やして、最高に自由に生きたいですよね。

思い込みをぶっ壊し、選択肢を増やすのにピッタリなのはこの音声コンテンツ。

13人の自由な起業家さんが今の仕事に出会うまでのストーリー。

ジーンとしてしまう話や、思わず吹き出してしまうエピソード、メモしたくなるような名言など、ノウハウなんかではない、ここでしか聞けない“生”の声が詰まってます。

3ヶ月に渡って届くので、自己投資としてはコスパも良すぎ。

通勤や家事の合間に自分のペースでゆっくり聞けちゃいます。

人の数だけ生き方や価値観があるし、目指すものも大事なものも違う。

人生にもビジネスにも正解ってない。

わたしたちはもっと自由だし、どれを選んでも良い。

ちっちゃくまとまるなんてもったいない!

2022年を最高に自由に生きたい人にオススメです😌✨

 

1162359分までの期間限定販売❣️

 

詳細はこちら↓

読むだけでも面白いですよ~😄